競売開始が決まったら|住宅ローンの延滞・滞納は、任意売却で解決。

このサイトについて

差押・競売開始が決まったら

地域によって差がありますが、競売開始決定通知書がお手元に届いてから4〜6ヶ月程度にて入札になります。通知書が届いてから、ほどなく裁判所の執行官が鑑定士を伴って建物、建物内部を見学に来ます。競売への手続き進行が早い場合は、その時点から入札まで2カ月以内という場合もあります。


借り換えなどの方策の可能性もかなり少なくなってはいます。解決の選択枝は限られているものの、まだ時間はございます。

入札が刻一刻と近づき、任意売却として不動産を売却するための活動期間が短くなるため、好条件の購入客を探し出す時間も少なくなりつつあります。一刻も早いご相談を頂戴し、対応策をご決断頂く必要がございます。

  • 時間的にタイトですが、収入がおありになることが前提で短期資金に借り換えができる可能性はあります。
  • 条件の調整期間が短いため、条件があまりよく無い場合や成功率が低くなる可能性が高いながら、リースバック契約(所有権は移転するがそのまま住み続ける)や買戻し特約付きで購入していただける先を探る時間は残されています。
  • 不動産の任意売却をする(買い手を探し出す)時間は、一般的に3〜4カ月程度残されています。
まずは無料相談から!住宅ローンのお悩みや任意売却に関して、お気軽にフリーダイヤルでお問い合わせください。フリーダイヤル:0120-938-168 受付時間:10時〜20時 休日:水曜日
東証一部上場企業の大成建設株式会社(創業大正6年 従業員数8,447名)のグループ会社「大成有楽不動産販売」がご支援しますので安心・信頼・確実です!! メールでのお問い合わせはこちら。メールでお問い合わせの方へは、折り返しご連絡差し上げます。
s
PAGETOP