売却と競売の比較|住宅ローンの延滞・滞納は、任意売却で解決。

このサイトについて

任意売却と競売の比較

下の比較表から分かる通り、競売になった場合と比較し、任意売却には大きなメリットがございます。
住宅ローンに悩んだ際は、そのまま待つのではなく、まずは任意売却のご相談をお勧めいたします。

比較項目 任意売却の場合 競売の場合
手続きの始まり方 債務者様が自らが不動産会社に相談などの働きかけすることから始まります。 なにもせず放置している状態で刻々と手続きは進んで行きます(返済や債権者に応対しない場合には自然に競売になります)
判断、決定などの主導権 債務者様ご本人のご意向が反映可能です。不動産会社が強力なアドバイス、サポートを行ってまいります。 債権者(金融会社、ローン保証会社、サービサー)、裁判所が握っています
不動産の売却価格 一般の方が市場で売却する価格(市場価格)のと同等あるいはそれに近い価格で買い手がつく場合が多いです。 市場価格を大きく下回る場合が多いです。
売却事由等プライバシー 事情が表ざたになる可能性は非常に低いと言えます。売却(広告・宣伝)活動方法も債務者様自身が選択することもできます。 競売物件として公告されたり、無関係の不動産会社が近所に競売になる理由を聞いて回ることもあり、事情を知られてしまうケースもあります。
買い手がついた後の引越し 債権者側や買主様との調整を行い、引越しの猶予を求めていきます。引越し費用も出してもらえることもあります。 購入(落札)者が決まったら、基本的には猶予無く立ち退きを迫られます。居座りますと裁判所の強制執行の手続きをとられる場合もあります。
まずは無料相談から!住宅ローンのお悩みや任意売却に関して、お気軽にフリーダイヤルでお問い合わせください。フリーダイヤル:0120-938-168 受付時間:10時〜20時 休日:水曜日
東証一部上場企業の大成建設株式会社(創業大正6年 従業員数8,447名)のグループ会社「大成有楽不動産販売」がご支援しますので安心・信頼・確実です!! メールでのお問い合わせはこちら。メールでお問い合わせの方へは、折り返しご連絡差し上げます。
PAGETOP