売却のメリット|住宅ローンの延滞・滞納は、任意売却で解決。

このサイトについて

任意売却のメリット

任意売却には、以下の大きなメリットがあります。

市場価格に近い価格で売却ができる

競売は、新聞広告などが出るわけでもなく、カラーの広告が出されるわけでもないので、売り出しているという情報が一般の方に届きにくいという難点があります。また届いたとしても、買うと決める前に事前に室内の状況を確認する機会がないので、
「建物の中がどのくらい汚れているのか」
「リフォームの費用はどのくらいかかるのか」
「住んでいる人は出て行ってくれるのか」
など、購入判断をするうえで不安定な要素がたくさんあります。


資金計画の面から見ても、銀行からの融資を受けにくい、買受申出のための保証金(買受基準価格の20%)が必要となるなど、購入するためには原則として現金を用意するという条件が付きます。


そういった面から、競売は市場で取引される価格に比べて、大幅に安い価格で売却されてしまうケースが多いのです。


一方、任意売却の場合は、買い手を見つける時間が限られているという点を除いては、市場で売却を行う場合とまったく同じ手順と方法(売主様の希望や都合にお合わせします)を取ります。その為、市場価格により近い金額で売却が可能です。債務の内容によっては全額返済ができる場合もあるのです。

ご近所に事情を知られずに売却ができる

市場で売却をするケースと同じく一般的な手順・方法を取りますので、広告の範囲や手法などは売主様と話し合いのうえで進めて参ります。もちろん広告を一切行わないで買主様を見つける方法を希望される方もおられます。そういう方法を選択すれば、滞納あるいは競売対象となっている事実について知られずに売却を行う事が可能です。


任意売却を選択せず、そのまま放って競売へと進んでいきますと、不動産会社によっては、あなた(所有者)様に了解も得ずに周辺にお住まいの人に対して競売になった理由を聞いて回ったり、あるいは勝手に条件を決めて購入を持ちかける業者もいますので、ご近所に事情を知られてしまう可能性があります。

お引っ越しにかかる費用を捻出する事ができる

債権者への交渉により、お引っ越しの際の費用や仲介手数料を含む売却に必要な費用を、売却価格より捻出することが可能です。つまり、基本的に引っ越し費用を一切手に出来ない競売に比べ、安心して売却・お引っ越しをする事が可能です。


競売の場合、手元にお金が無くて引っ越しができないで住み続けていますと、裁判所の命令によって「強制執行」によりいやがおうでも退去をさせられてしまいます。強制執行の際には、それぞれの役割を持った大勢の人がやってきますので、周囲に住んでいる人達は「そういうことだったのか」ということに気づくことになります。

まずは無料相談から!住宅ローンのお悩みや任意売却に関して、お気軽にフリーダイヤルでお問い合わせください。フリーダイヤル:0120-938-168 受付時間:10時〜20時 休日:水曜日
東証一部上場企業の大成建設株式会社(創業大正6年 従業員数8,447名)のグループ会社「大成有楽不動産販売」がご支援しますので安心・信頼・確実です!! メールでのお問い合わせはこちら。メールでお問い合わせの方へは、折り返しご連絡差し上げます。
PAGETOP